受診のながれ
受診のながれ

受診のながれ

  • 受診希望がある方は、原則的には、携帯電話やパソコンからの予約システムで受診予約をしていただきます。予約システムからの受診受付の方が優先です。ただし、急を要する状態で予約する時間がないケース、あるいは予約システムの存在を知らなかった、使える環境にない場合は、直接来院にも対応しております。
    電話での案内もしておりますが、回線が少ないので、話し中や、患者さん対応を優先しておりますので、場合によっては、つながらずご迷惑をおかけすることになると思います。

    WEB予約受付はこちら

    受診の際にお持ち頂くものはこちら

  • 来院されたら、受付フロアーの看護師、または受付の事務員が、病状や問診を伺います。
    問診表の各欄の設問にお答えのほどお願いします。

    一般外来問診票
    ぜんそく問診票
    食物アレルギー問診票

  • お子さんの病状や予約番号順で、診察室前の中待合室にご案内いたします。そこでしばらくお待ちいただきますが、乳幼児をお連れの方は、着衣がロンパースであれば、股のところのボタンを前もって外していただけますと診察しやすいですので、ご協力ください。
    前もって記載された問診表をもとに、問診後、実際の身体診察となります。

    ロンパースボタン外し ご協力のお願い

  • 準備が整いましたら診察室にご案内いたします。前もって記載された問診表をもとに、問診後、実際の身体診察となります。
  • 問診や診察の結果、さらに検査が必要と判断された場合は、説明して同意をいただいたのち、検査にご案内します。

    当院で可能な検査はこちら

  • 処置が必要と判断された場合、説明して同意をいただいた後にご案内します。
    簡単な鼻汁吸引は診察室で行います。

    当院で行える処置はこちら

受診の際にお持ち頂くもの

  • 健康保険証
  • 公費受給者証(市町村発行の子ども医療費助成受給資格者証など)
  • 母子手帳
  • お薬手帳
  • 紹介状(他施設からのご紹介の場合)

その他、お持ちの場合は、以下ご持参頂けますと助かります。

  • これまで他施設でなされた採血や検尿や迅速診断の結果が書かれたプリント
  • 熱計表など病気の経過がわかるもの
  • 喘息日記
  • 入院されたことがある方は、どのような病気で入院されたかが記載されているプリント(例えば入院診療計画書など)

当院で可能な検査

  • 耳朶血採血での各血球の数・CRP(炎症の強さの指標となるたんぱく)・血糖・ケトン体(脱水症の重症度の指標となる脂肪酸)
  • 検尿
  • 綿棒で採取した鼻汁、のどのぬぐい液、便を検体とした病原体迅速検査(インフルエンザウイルス、溶連菌・アデノウイルス・RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス・ロタウイルス・ノロウイルス・肺炎マイコプラズマ)
  • 画像診断(腹部、心臓、頸部など、基本的には超音波が通るところならどこでも)
  • レントゲン検査
  • 生理検査(心電図、呼吸機能検査、呼気中一酸化窒素測定)
  • アレルギー検査(皮膚テストとイムノファーストを利用したアレルギー迅速診断。ただし、イムノキャップなど静脈血採血での検査が必要な検査は、採血量や手技的問題もあり、当院では比較的安全に採血検査が可能と考えられる3歳以上くらいから行っております。)

当院で行える処置

  • 肘内障整復
  • 鼻汁吸引
  • 超音波吸入装置による吸入療法

当院で行える健康診断

市町村が行っている3~4か月、6~7か月 9~11か月健診を予約制で行っております。
当院の予約サイトから予約可能です。

WEB予約受付はこちら

当院で接種可能なワクチン(予防接種)

定期接種・任意接種のワクチンは、当院でも大部分は接種可能ですが、在庫にそれほど余裕がなく、原則予約制となっております。当院の予約サイトから予約可能です。

WEB予約受付はこちら

※最適な時期に最適なワクチンを接種することが大切ですが、近年、公費で接種できるワクチンの種類は増えてきて、たいへん複雑になっております。せっかく予約されて来院されても、法的にワクチン接種できない時期かもしれません。以下のKnow VPDのサイトなどをご参照ください。便利な予防接種スケジューラーアプリもダウンロードできます。

お電話でのワクチンの相談には応じかねますが、来院されて、診察の中では医師によるワクチン指導が可能です。

診断書料金表

※料金表示は全て税別となります。

普通診断書 1,000円
生命保険関係診断書 5,000円
診療費受領証明書 500円
身体障がい者用診断書 5,000円
各種免許用診断書 3,000円
医師面談料
(生命保険会社による)
5,000円
健康診断書
(身体検査書)
2,000円
アレルギー疾患の保育所・
学校管理指導票
2,000円

当院での対応が困難なケース

以下の通り、当院での対応が困難なケースもございます。
専門の医療機関の受診をお勧めしたり、二次病院にご紹介させて頂いたりする場合がございます。

  • 外科的な処置をともなう診療
    …当院は外科専門医院ではないので、外傷・熱傷・切傷・打撲・骨折・鼻血などの出血の止血などの外科的処置や、異物誤飲、口の中やのど、鼻のなか・耳の穴の異物の除去、目に入ったごみなどの除去(眼科的処置)、水いぼの摘除などは対応できません。恐れ入りますが、外科処置対応可能な病院や医院への受診をお勧めいたしております。
  • 輸液療法や静脈血採血での生化学検査、CTやMRI検査、脳波検査が必要とされる重症度の高いケース
    …当院には輸液セットや生化学分析装置、CTやMRI装置などの高価な装置はありません。そのような検査や治療が必要であると判断された場合は、大分こども病院、大分県立病院などの二次病院に早めにご紹介、検査や治療をしていたただくようお願いしております。
  • 運動負荷試験や保険診療外の検査が必要と思われる、特殊なタイプのアレルギー疾患、あるいは超重症のアレルギー疾患
    …当院はアレルギー専門医によるクリニックではありますが、食物負荷試験以外は保険診療内で行っております。診断確定のために保険診療では行えない特殊な検査が必要なケース、あるいは、あまりに重症でクリニックレベルでは対応できないケースに関しましては、大学病院や国立福岡病院をはじめ、特殊なアレルギー診療にも対応できる専門医による診療を行っている施設へご紹介させていただいております。それらの上級医と連携して診療することに関しては、可能なケースもありますので、ご相談ください。